レーザー超音波可視化検査装置

レーザー超音波可視化検査装置(Laser Ultrasonic Visualizing Inspector 略称LUVI)は、レーザーを検査対象物の表面に照射して発生する超音波を利用し、対象物の内部異常・欠陥などを検知する非破壊検査装置です。レーザー照射によって発生した熱ひずみ超音波は、物質内部の異常部位や欠陥部に到達した後、再び表面に戻り欠陥エコーとして観察されます。超音波が伝わる様子を動画映像として観察すれば異常や欠陥を既座に検知することができます。

 

従来の超音波検査装置と比べて、LUVIは以下の特長を有しています。
・非接触走査ですので、曲面部、段差部、狭あい部などの複雑形状部を伝わる超音波を可視化して欠陥を検出することができます。
・レーザーとガルバノスキャナーの組合せにより高速走査ができるため、広域・迅速な可視化検査ができます。
・面倒な光学調整が不要で、簡単に計測できます。

 

金属、セラミックス、樹脂、複合材等を検査対象として、亀裂、腐食、ポイド、剥離等の欠陥検出が可能です。

 

主な用途として、石油・ガス・発電プラントのパイプラインなどの傷検査、部品内部欠陥、溶接部の欠陥、複合材の剥離・亀裂などの検査、波動伝搬メカニズムの解明、超音波探触子の性能評価、構造体健全性評価、材料評価などに利用できます。

 

2008年、弊社は世界初のLUVIを開発後、LUVIの新シリーズを次々と発表してきております。現在、原子力発電所の配管検査、大手鉄鋼メーカの材料品質検査・オイルタンクの検査、次世代電気自動車の燃料電池容器の検査、航空機のブレード検査等、様々なユーザーがLUVIを利用して検査を行っています。LUVIは日本国内だけではなく、海外でも多くのユーザーが使用し始めています。