小型X線検査装置(TXR-C1R150P-06)

hspace=0

 

基本仕様:

カーボンナノ構造体X線管を利用し130~150kV、100~2000ms、最大2.5mAのパルスX線を発生

筐体サイズ 本体:210´95´290mm

 コントローラー:180´101.5´120mm(バッテリー除く)とも更に小型化

小型・軽量、バッテリー駆動でも高出力・高線量につき高所、狭所でも検査に最適

別コントローラーで10m離れた場所から操作可能

「新バージョンの特徴」として従来のパソコンによる制御とともに、

 パソコンを使用しないタッチパネル式コントローラーも選択可能になり用途が更に拡大